LOG IN

晴れ渡る11月の終わりに

by 岩瀬敬吾

11月の終わりの今日この頃、なかなかバラエティー豊かな日々を過ごしている。
ツアーから戻り疲れていた僕はの安住を求めていたがこれがまた戻ってからのやること多いこと。
そして今朝から屋根の葺き替え工事が始まった。
9月からお願いしていたことが、大工さん大忙しのためようやく着工。
これでようやく雨あられに急な雪、夏の暑さなどから心配事は減り過ごしやすくなるはず。
今回は屋根のみなので、またお金を貯めて雨樋も直してもらおうと思う。
そういえば高千穂の神社に参った時
「ああ、ここの雨樋は少しくたびれてるなあ。修理しといてあげよう」
てな感じに大工さんがナイスアシストをしてくれるようお祈りし忘れていた。
明日はお酒でも渡すとしよう。
時間があれば外壁塗装は自分でしようと思う。
でもまあ肝心な時間がない。
天井からトンカントンカン響くBGMに作業を進めると心がなぜか和む。
自宅を直す音だからか。
できることはなるべく自分でと思っているけどさすがに屋根は無理だ。
否、やらないだけかもしれない。
松井敬治さんがスタジオブースを自作しているのを目の当たりにしたはずだ。
やってやれないことはない。いや、松井さんが変わってるのは大きいが、
けど時間のせいにしてなかなか気持ちが向かないことも多い。
家の内装も本来塗り替えるために安い壁紙を貼ったのだけど
なかなか塗り替える時間もなく猫の爪とぎ痕ばかりが増えていく。
来年はゆっくりと漆喰に塗り替えて行きたいと
そう思っている。
口癖になってる「来年は」をそろそろやめにしたい。
さて、
みんな知ってるかどうかわかんないけど
もうすぐバンドワンマンである。
しかもドラムにハジさんを迎えての初陣とくれば
緊張しないわけがない。
何より久しぶりのファイヤバードに対し緊張する。
ちゃんと覚えてくれてるだろうか。俺のこと。
なんだか、タケとシゲさんとは同窓会みたいになるんだと思う。
そんな空気にハジさんも混じって、きっとあっという間の12/1になるんだろう。
タケは飲む気満々だ。
俺も代々木辺りに車置いて、なんなら車中泊してまで飲む。
師走の入りの日に心穏やかにゆっくりと過ごすために
ここ数日頑張りたいと思う。


岩瀬敬吾
OTHER SNAPS