LOG IN

高尾山

by 岩瀬敬吾

先日は息子の運動会。無事運動会は終わり、保護者みんなでテントなんか畳みながら
幼稚園の運動会の天気はどうなるかねなんて話しながら帰路に着いた。次の日の
日曜日もよく晴れ、子供らが行きたいと執念を感じる嘆願に腰を上げた我々は高尾山口駅の
近くにあるトリックアートミュージアムへ向かった。到着した時なんだか違和感感じ、
いつもの売店は暗闇の中営業しており。聞けば一帯停電とのこと。
これは参った。トリックアートミュージアムも営業出来ませんとの事で、とりあえず電気が
復旧する予定時刻、13:10まで何かしらして待とうと決まった。
山に登りに来た訳ではないため近隣を散歩するがそんなに山道入り口は長い距離ではなく
賑わいもあっという間に行ったり来たりとしていた。少し腰を下ろそうと思い立ち寄った

TAKAO599MUSEUMは電気は点いておらずも光のよく入るミュージアム内は人で溢れていた。山で採れる山菜や、草花、虫に、動物と、工夫を凝らした展示に子供らを呼び寄せ、
気がつけば復旧予定時刻に。ミュージアム内の電気は復旧しており僕らは喜んで
トリックアートミュージアムに向かうが場所によって未だのようでトリックアートは
暗闇に包まれたままだった。
サイトを見るたび復旧予定時刻がずれ込むので、トリックアートミュージアムは
次回に持ち越す事に。泣きじゃくる娘達をなだめ岩瀬家は山に登る事に。と言っても
リフトでぐいっと8〜9合目辺りまで連れて行ってもらうのだけど。
この子らと最初から登るのは、まだ先かね。長男はもう大丈夫なんだけど。山の上は肌寒くなっており、もう少ししたら紅葉の季節なんだろうなあと、
すっかり高尾山に惚れている僕はまた家族で来る気でいる。
団子やキノコ汁が飛ぶように売れていた。山登り後のキノコ汁の味にすっかり魅了された
子供達と帰宅の途中、どうせなら久しぶりに外で食べて帰ろうという事になり
滅多に夕飯を外で食べない家は超絶久しぶりに外食するぞ家に変身し
帰り道の中でも大きな駅で下車し事前に調べておいたお店に向かった。
子供達が札幌で食べたボロネーゼが忘れられないらしく、イタリア料理屋へ。
かしこまらない、優しい店員の居る素敵なところでした。
ぐいっと、色々ありの2日間。秋の思い出増えました。



岩瀬敬吾
OTHER SNAPS