LOG IN

宿泊とは

by 岩瀬敬吾

仙台のホテルは高くなる傾向にある。

平日でも値が下がる事なく早々に

予約サイトから消えて行く。

寒い仙台、

そばの神田を流し込んで泉中央にあるBar B.B.へ。

ここは確か、慎ちゃんの紹介だったけな。いや、仲島君の流れだ。

それ以来信頼の置けるいわば定宿、というところだ。

昨晩も喜んで貰えたので大満足なのである。

しかし、収益は仙台のホテル事情もなんのその、と言えるまでではなく、

今回の旅路は一層節約傾向でと決めていたのでホテルはパス。

渡邉さんが勧めてくれたカプセルホテルはもう埋まっていたのだが、何となく、カプセルホテルですれ違う人達が好きでないので、良さそうな漫画喫茶、否、ネットカフェに宿泊した。

鍵付き個室の三畳はあろうかという広さのフロアマット。テレビは無駄にでかい50インチ。

凄いぞネカフェ。

どうして誰も教えてくれなかったのか、こんなにもネカフェ戦国時代、戦い勝ち上がったお店のポテンシャルの高さを、どうして伝えてくれなんだ。

強気のビジネスホテルはすっかり置いていかれてしまっている。

シャワーも綺麗。

ドリンク飲み放題。

食事も届けてくれる。

まあいくつかは僕に必要ない過度なサービスでもあるが、

2000円程で買える温もり。

熱い缶コフィ握りしめはしなかったが、おじさんは驚いたので、

ある。

なので、今晩の盛岡も、

ネカフェにするので、ある。

トートバッグも用意できたのである。

OTHER SNAPS